会社設立を果たすためには人脈が必要

仕事をする上で人脈というのは何よりの力になってくれます。

いくら自身に仕事をする能力があると自負していたとしても、それを活かせるだけの人脈がなければ宝の持ち腐れで若いころから人脈の形成に力を入れることはとても大切です。

それは、たとえば会社設立においてもまったく同じことがいえます。

会社設立をする上で人が集まらなければ上手くいきませんし、そもそもそれをどうやって進めていくのかで壁にぶち当たってしまいます。

その壁を乗り越えるためには自分以外の人間の力が必要ですし、そのためにはいろいろな人脈を築いておくことが重要です。

さらに、アメリカで会社設立など、海外での会社設立となればなおさら人脈は重要です。

日本と違う社会で活躍するということは日本で活躍する以上に絶対難しいですし、そうとなればアメリカ人を始めとした人脈の有無が成功を分けると言っても良いと思います。

いくら国際化社会になってきているとはいえよほど自信がなければアメリカで会社設立などは考えないのかもしれませんが、それでも逆を言えば人脈さえ整っていればそれも十分可能ということですから、将来のビジョンとしてそれを考えておいても良いのではないかと思います。

人脈というのはそう簡単に築けるものではありませんし打算的になり過ぎると人はついてきてくれません

その辺のさじ加減はとても難しいところですが、だからこそその重要性を理解して仕事をしていかなければならないと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加