お菓子教室でマカロンを作りました

先週の休日にお菓子教室に行って来ました。
今回は私がお菓子教室に入って一番作りたかったマカロンです。
マカロンは特にメレンゲ作りが重要なのは事前に知っていたので、私も出来るのかどうかすごく不安でした。
マカロンの作り方は以下のような手順でした
1228a
1.イタリアンメレンゲを作る
2.絞り袋を使って鉄板に均等に絞っていく
3.オーブンで焼く
4.焼いている間にガナッシュフィリングを作る
5.焼きあがって覚めるまで待つ
6.焼きあがったマカロンにガナッシュを挟んでできあがり!

メレンゲはイタリアンとフレンチの2つのマカロンの作り方があるそうです。
先生曰くイタリアンメレンゲのマカロンの方が失敗しにくいそうです。
作っていてその理由がわかりました。
メレンゲの出来上がりがすごく固く仕上がるんですね。
誰がやってもメレンゲがある程度同じ仕上がりになるので、焼き上がりもバラつきが少ないんです。
フレンチメレンゲはメレンゲのツノの立たせ方が重要で、そこでつまずくと失敗しちゃうんですね。
そこが違いだと思います。

あとメレンゲのレシピは前日に冷凍するという作り方が良く載っていますが、教室では違いました。
冷蔵庫から出した卵で作ったという以外冷やしてある気配はゼロ。
でもこれが不思議、めちゃくちゃ綺麗に焼き上がりました。
これも失敗しないための工夫という程度で考えておけば良いそうで、イタリアンメレンゲだと失敗が少ないそうです。
これなら家でも出来ますね。

あと教室ではガナッシュフィリングという本格的なチョコクリームを作りました。
チョコを50度を保って湯煎し、沸騰直前まで温めた生クリームを混ぜてバターを加えます。
あとは少し粗熱をとって均等にかき混ぜて、冷やしてできあがりです。
この作業は書くとそれほどでは無いですが、たぶん1人では無理かなぁ・・。
まず温度管理が難しそうです。
そして生クリームと混ぜる時に最初失敗しちゃいました。
なんかダマになっちゃったんですよね。
2回目はなんとか成功しました。
でも先生曰く「クリームは普通のチョコクリームでも十分美味しいから」とフォローしてくれてホッとしました。
こんな感じで20個ほどお持ち帰りできました。

家に帰って旦那と娘に食べてもらいましたが大好評。
お菓子作りの上手なママの地位を確立できそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加