屋根の断熱塗料は冬場も効果的です。

屋根に断熱塗料を使用する場合、夏場の日差しを避けられて室温が上昇するのを予防できるというメリットが思い浮かぶものです。断熱塗料については使用すると冬場には屋根から太陽の熱を受けにくいということで室内は自然には暖まらずにかえって寒くなるのではないかと思われがちですが、それは遮熱塗料のことを指しているのであって、断熱塗料については効果が違ってきます。

断熱塗料は夏場のみならず、冬場でも効果をきちんと発揮するのです。冬場は室内で暖房を使用する機会が増えるものですが、屋根に断熱塗料を使用していると外気温が室内に影響を与えにくくなることから暖房の設定温度を低めに設定しても室内が十分に暖まってきますし、外出時や夜などに暖房器具の使用を停止しても室温が下がりにくくなるので室内の寒さを少しは感じにくくなるものです。

さらに冬場雪が多く降る地域では屋根に雪がよく積もりますが、その雪が屋根を通して室内を冷やしてしまうことがあります。特に冬場頻繁に雪が降る地域については雪かきをしても間に合わず、ずっと屋根に雪が積もってしまうことも多いために室内が冷え込むことも多いものです。そのような地域で断熱塗料を屋根に使用していると雪の影響で室内が冷えてしまうのを軽減させられることから、積雪の多い地域ではぜひとも使用したいものです。
一方で雪がそれほど降らない地域でも風の吹き方や立地によっては自宅が異様に寒くて冬場ストレスを感じてしまうという場合がありますが、この場合でも屋根に断熱塗料を使用することで室内の寒さが軽減する可能性があります。断熱塗料については現在ある屋根の上から塗るだけでよく、費用もそれほど高額にならないことから気になったら専門業者に相談して見積もりを出してもらうべきです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。