カ―フィルムをつけたい

母が7、8年ぶりに新車を買いました。
仕事を定年退職したので、もう今後は車を買うことはできないと思い、とことん自分の思いを込めてカスタマイズした車です。
そして、母は、今までの車には無かったカ―フィルムを、私の息子、つまり母にとってはかわいい孫のためにつけたのです。
私たちは海外に住んでいるので、母と会うことは1年に1度あるか無いかなのですが、それでも、孫パワーはすごいです。

今まで母が必要と思っていなかったカ―フィルムをつけさせてしまうのですから。
でも、本当にこのカ―フィルムが役に立って、強い日差しからチャイルドシートに座っている息子の肌を守ることができました。

それに、私も息子の横に常に乗っているのですが、カ―フィルムのお陰で、日焼け止めをしないでちょっとした場所なら出かけられるというラッキーなこともありました。
そして、後日母の車を見た主人が、「カ―フィルム、つけたいね。これ、すごくいいよ」といってべた褒めしていました。
というのも、主人の車も私の車もカ―フィルムがなく、いつも、遠出をする時は、息子に直接日差しが当たってしまう時は、窓に布などを挟んで日差しよけをしているのですが、それだと運転している人は若干見にくいのです。

それに危ないですから、カ―フィルムを使用か迷っているのですが、自分で付けると空気が入ってしまうので、いまだに買わずじまいで、どうしようかなあと、いつも主人と進まない会話をしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加